2015年12月アーカイブ

新年を迎えるにあたって

今年も残すところあと数日となりましたが
お正月を迎えるにあたって玄関の門松づくりを行いました。

例年「手作り且つ資材の調達も自前で!」がスプリングライフ金沢の門松なのです!

まずは主役といってもよい竹です。
これは社長をはじめ男性職員が金沢の山より竹を切り出してきてありますので竹の長さを整え、切り口を斜めに切り揃えます。
(こう書くと簡単ですが金沢の急斜面の竹藪に分け入って切り出した大事な竹ですので失敗は許されません)
また松葉や笹、梅などは施設内の庭園内の自然の物を使います。
砂の重しを使い土台を作り、竹を垂直に立て形を作り、松や笹、葉牡丹の飾りを入れて完成です。
入居者様の力を(大いに)お借りすることで今年も立派な門松が出来上がりま した。
(わら縄で門松を結びあげるところなど職員を圧倒する手さばに感服いたしました)
s-DSC06308.jpg s-DSC06314.jpg s-DSC06318.jpg
私自身気になりまして、少し調べたのですが
関東では、門松の周囲に短めの若松を配置し、下部をわらで巻くという形態が多いそうです。
一方、関西では門松の前面に葉牡丹を添え、下部を竹で巻くことが多いようです。
従いましてスプリングライフ金沢の門松は関西風ということになりますでしょうか。
今年春に北陸新幹線が開通して東京が近くなったとはいえ、やはりこのあたりにも昔からの関西方面とのつがなりの強さが表れているのかもしれません。

兎にも角にも門松も完成しましたので
特設会場から完成した門松を愛でながらお茶を飲んでほっと一息。
s-DSC06326.jpg s-DSC06331.jpg

元来門松は年神様が寄り付くものであるといわれておりますので
立派であることに越したことはございません。
そういう意味では、見れば見るほど来年もいいことがありそうな出来栄えとなりました。
皆さまご協力ありがとうございました。

ふれあいクリスマスコンサート

こんにちは。介護付有料老人ホーム「スプリングライフ金沢」の入居相談員宮崎です。
本年もあと10日あまりとなりました。本格的な冬の到来を感じる季節を迎えました。
本日は、四柳由恵先生・佐藤ミチ子先生・粟崎チェリーコーラスの皆様をお招きして【ふれあいクリスマスコンサート】を開催致しました。
コンサート前に、レストランにて「ケーキ+ドリンク」をご用意。ショートケーキとチョコレートケーキのいずれかで、お腹を満たして頂きました。その後、スプリングホールにて、素敵な歌声とピアノ演奏を楽しんで頂きました。
s-DSC_3124.jpg s-DSC_3114.jpg
「ア メージンググレース」「子犬のワルツ」を四柳由恵先生のピアノ独奏にて、「埴生の宿」「庭の千草」を、佐藤ミチ子先生のソプ ラノ独唱にて、生の音楽に触れ時間を忘れるような心地よい時間となりました。最後は、チェリーコーラスの歌声と共に、入居者様全員との合唱に、クリスマス気分も最高潮となりました。皆様に素敵な聖夜が訪れますように・・・